あなたの口内環境を守るデンタルケア情報サイト

>

歯磨き粉を選ぶために情報を取捨選択しよう

オーガニック歯磨き粉って何

オーガニック歯磨き粉は、化学物質を含まない天然由来成分を主成分とした歯磨き粉を指し、オーガニック分野やデンタルケアの分野において、後進的な日本では近年になってその存在が着目されはじめている歯磨き粉です。

日本では、天然由来成分による日用品や薬用品、化学物質を添加しない食品などがひとまとめにオーガニック製品とされてしまいがちで、日本におけるオーガニック製品の見極めとして基準となるものは、食料品に限り農林水産省による有機JASマークがあるに留まりますが、海外にはオーガニック分野で先進性の高いヨーロッパ圏内を中心に幾つかのオーガニック認定機関が存在するため、海外製のオーガニック歯磨き粉を購入する際には、海外にあるオーガニック認定機関の認定の有無を確認するのがベターでしょう。

安全性に重点を置いたオーガニック歯磨き粉

化学物質を含まず天然由来成分を主成分としているオーガニック歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉の主成分である化学物質の内、特に影響が懸念されやすい、フッ素・研磨剤・防腐剤・界面活性剤といった化学成分が一切使用されていないため、添加剤を含む化学物質由来の歯磨き粉と比較すると、誤飲や使用量過多で生じるリスクが発生しにくく、歯磨き粉が歯磨きの過程で口以外の部位にはねた場合に生じることがある、皮膚へのダメージも発生しにくい他、化学物質が原因のアレルギーを避けることも可能できます。

端的に言うとオーガニック歯磨き粉は、天然由来の素材を使用することによって、一般の化学成分由来の歯磨き粉よりも安全性を優先した製品です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る